本文へ移動

マイナンバー制度について

公開日 2017年1月16日

はじめに

マイナンバー制度とは、住民票を有するすべての方に唯一無二の番号を付して社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するための社会基盤となる制度です。社会保障や税に関わる事務の効率化が図られたり、所得状況等がより正確に把握でき社会保障や税の給付と負担の公平化が図られるなど、多くの効果が期待されます。

自分のマイナンバーはいつわかるの?

平成27年10月から、住民票を有する国民の皆さん一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されます。通知は、市区町村から、原則として住民票に登録されている住所あてにマインバ-が記載された「通知カード」を送ることによって行われます。通知カードを受け取られた方は、同封された申請書を郵送すること等により、平成28年1月から市区町村の窓口で「個人番号カード」の交付を受けることができます。不正に使われる恐れがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されません大切にしてください。

平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の中で法律や条例で定められた行政手続きにマイナンバーが必要になります。各種手続きなどで申請書等に記載を求められることとなります。

マイナンバー制度でどんなメリットがあるの?

1.行政の効率化

行政機関・地方公共団体での作業の無駄が軽減され、手続がスムーズになります。

2.町民の利便性の向上

申請時に必要な課税証明といった資料の添付を省略できるようになります。

3.公平・公正な社会の実現

行政機関が国民の所得状況などを把握しやすくなり、不正受給を防止できます。

社会保障・税番号制度ホームページとコールセンターも開設されていますので ご利用ください。

社会保障・税番号制度ホームページ
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/index.html

マイナちゃんのマイナンバー解説
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

マイナンバーコールセンター
0570-20-0178 〈全国共通ナビダイヤル〉
営業時間 平日9時30分〜17時30分(土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ

企画調整課
電話:0973-76-3807
FAX:0973-76-2247

ページトップへ