本文へ移動

川端康成文学碑

公開日 2017年1月17日

川端康成文学碑

川端康成文学碑

文豪川端康成は、古くから親交のあった高田力蔵画伯の九重の絵に感興、昭和27年10月、翌28年6月の2回にわたり九重を来訪してその美しい景観に心を引かれました。そして、この時の来訪により九重を主舞台にした小説「波千鳥」が発表されました。昭和43年から計画されていた川端康成文学碑建設への地元の願いはようやく叶い、昭和49年7月21日、川端夫人列席のもと盛大に除幕式が挙行されました。くじゅう連山に向かって建てられた自然石の堂々とした石碑の表面には「雪月花時最思友 康成」の川端自筆の色紙からあの独特な文字が刻まれ、裏面には「波千鳥」の中の飯田高原を美しく描写した一節が記されています。

アクセス

〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野
TEL 0973-76-3150(九重町商工観光・自然環境課)

地図

川端康成文学碑

お問い合わせ

商工観光・自然環境課
電話:0973-76-3150
FAX:0973-76-2247

ページトップへ