本文へ移動

宝泉寺温泉

公開日 2017年1月18日

宝泉寺(ほうせんじ)温泉

宝泉寺温泉
画像の石櫃の湯は現在足湯になっています。

宝泉寺温泉

「天慶元年(938)、空也上人が諸国巡錫の途中、一猟師に会い、奇蹟を予言して持っていた杖を大地につきさして去った。その杖が大杉となり、天禄三年(972)、大地震がおこり、大杉の根元より突然温泉が湧出し始めた。 「驚いた村人たちは、わき出る温泉のほとりに一宇の寺院を建立し、上人が宝の泉を下さったことから、寺を平原山宝泉寺と定め、本尊に空也上人と大日如来を安置した。」と伝えられています。現在、寺はありませんが山間の静かな温泉場として賑わっています。 延喜元年(901)菅原道真が太宰府に流される際、一時刺客をのがれ身を隠していたと言われています。

アクセス

〒879-4723 大分県玖珠郡九重町大字町田宝泉寺
TEL 0973-76-3150(九重町商工観光・自然環境課)

地図

宝泉寺温泉

お問い合わせ

商工観光・自然環境課
電話:0973-76-3150
FAX:0973-76-2247

ページトップへ