本文へ移動

龍門温泉

公開日 2017年1月18日

龍門(りゅうもん)温泉

龍門温泉

龍門温泉

松木川上流の国定公園の指定を受けている「龍門の滝」を中心にした温泉地で昭和50年代前半に九重町の新しい温泉地として開発されました。 古くから「龍門の滝」への観光客は多く、土産物店、茶店等があり、宿泊施設も建てられました。 この滝は「鎌倉時代中国(宋朝)からの渡来僧蘭渓道隆禅師(1213から78)が幕府の招きに応じた際、当地に立ち寄りこの滝が「河南府の龍門の滝」に似ていることから命名され、一宇を建立し、吉祥山竜寺とされた。」と伝えられています。 郷土の俳人長野馬貞は、訪問した俳諧師を必ず滝に案内して詩境にさそったといわれています。そのほか、広瀬淡窓・大村益次郎等々多くの文人が訪れています。 落差26m、夏の滝滑りは子供達に人気があります。

アクセス

〒879-4632 大分県玖珠郡九重町松木
TEL 0973-76-3150(九重町商工観光・自然環境課)

地図

龍門温泉

お問い合わせ

商工観光・自然環境課
電話:0973-76-3150
FAX:0973-76-2247

ページトップへ