本文へ移動

新規就農者を支援します!

公開日 2018年8月1日

就農者支援事業

農業の技術や知識を修得するための研修や営農開始時の農用地賃借料や小規模機械購入を支援します

1.研修支援事業(短期研修・長期研修)

  短期研修 長期研修(先進農家や法人、教育機関を含む)
研修期間 通算2日以上 概ね1ヶ月以上
補助内容

 (1)研修経費(謝礼・資料代)は全額

 (2)交通費・宿泊費・その他経費は2分の1以内

 (3)1人当たり5万円を限度

(1)基本額 月額5万円(教育機関は月額2.5万円)

(2)交通費 2分の1以内(年額4万円を限度)

(3)連続した24ヵ月を限度

その他
(注意事項)

〇団体等の総会で宿泊を伴う研修や町から助成を受けている団体は除く

〇夫婦の場合、基本額は2人合わせて月額7.5万円で、同研修先の場合の交通費は夫婦どちらかに支給
 (教育機関においては、基本額のみ支給)

〇研修終了後、直ちに町内で就農する方

〇受入れ農家が3親等以内の親族ではないこと

〇常勤の雇用契約でないこと

〇研修に関する他の制度による補助金の交付を受けていない者

2.新規就農者支援事業(農用地賃借料・小規模機械導入)

年齢が18歳から概ね45歳までの町内に住所を有する方で、就農から5年以内の町が認定した認定新規就農者であり、以下の要件を満たす方

  農用地賃借料助成 小規模機械導入支援
補助要件

(1)国、県及びその他の補助事業の対象経費でないこと

(2)利用権等設定農地(貸借権)であること

(3)利用権等の設定期間が5年間以上であること

(4)貸付人が3親等以内の親族ではないこと

(5)利用権等が設定された日の属する年度であること

(1)国、県及びその他の補助事業の対象経費でないこと

(2)購入日から起算して6ヵ月以内であるもの

補助内容

賃借料の1/2以内とし、1人につき年間20万円を限度

助成期間は営農開始から60ヵ月を限度

管理機又は小型トラクター(中古も含む)の購入経費の1/2以内で

1人につき10万円を上限とする

その他

(注意事項)

補助対象農賃の利用権等の設定期間満了前に中途解約があった

場合や補助対象農地を1年以上耕作しない場合は返還となります

助成は1人につき1回のみとする
随時募集(※予算が終了次第、募集締め切り)
注意事項 事業実施1年間で1人又は1団体・法人等につき1回まで

お問い合わせ

農林課・農業委員会
電話:0973-76-3804(農業委員会 0973-76-3805)
FAX:0973-76-3840(共通)

ページトップへ