本文へ移動

文字の大きさ:
背景色:

令和元年度大分県防災士養成研修について(募集)

公開日 2019年9月2日

防災士養成研修の受講者を募集します。

大規模災害の教訓では、「想定していない事態が生じた際に、適切な判断で冷静に対応できる人材の確保が重要」と言われています。
また、九重町地域防災計画見直しの中で、自主防災組織(行政区)の防災力の向上という観点から、地域における防災士の養成が重要課題となっています。

このようなことから、防災士をより多く要請し、九重町の防災力の向上を目的として募集を行っています。

 

○防災士とは

防災士は、「自助、共助、協働を原則として‘‘公助’’との連携充実に努めて、社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのために十分な意識・知識・技能を有する者」に対して特定非営利活動法人「日本防災士機構」が認証し付与する資格です。

○必要なこと

①防災士養成研修を修了すること
②「防災士教本(令和元年度)」を自習していただき、「令和元年度大分県防災士養成研修自習レポート」を提出すること
③上記①②を完了した上で防災士資格取得試験を受験し、合格すること
④消防署で実施される普通救急救命講習を修了すること(別途日程を設定します。)

○費用

研修受講・資格試験等についての費用は公費で賄うため、費用はかかりません。(証明写真が2枚必要になります。また昼食は各自で準備していただき、会場までの交通費は個人負担になります。)

○研修日程

【日  程】 令和元年11月16日(土)~11月17日(日)
【場  所】 玖珠自治会館(玖珠町大字塚脇)
【申込締切】 令和元年9月30日(月)
【定  員】 25名(申込みの先着順となります。)

受講を希望される方は下記までお問合せください。

 

お問い合わせ

危機管理情報推進課
電話:0973-76-3801
FAX:0973-76-2247

ページトップへ