本文へ移動

文字の大きさ:
背景色:

新型コロナウイルスに関する中小企業・小規模事業者支援について

公開日 2021年7月12日

新型コロナウイルスの流行により、影響を受けることが懸念される中小企業・小規模事業者への対策を掲載します。
詳細については、それぞれのリンク先をご覧ください。

国の支援内容

経済産業省では、今般の新型コロナウイルスの流行により、影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業・小規模事業者を対象とした相談窓口を設置し、経営上の相談を受け付けます。
また、企業への影響を緩和・支援するため各種支援を実施しています。
詳細は、下記リンクよりご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症関連(経済産業省)

新型コロナウイルス感染症に関する金融相談ダイヤル(九州財務局)

新型コロナウイルスに関する相談ダイヤル(金融庁)

 

大分県の支援内容

大分県中小企業・小規模事業者事業継続支援金

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、大分県が要請した飲食店の時短営業や県民の外出自粛等の影響は、飲食店だけでなく、多くの事業者に及んでいます。その事業継続や雇用維持を図るため、時短営業や外出自粛等の影響により、売上が大きく減少した事業者に対し、県独自の支援金を給付します。

【給付対象者】

 次のいずれの要件も満たす者

 (1)大分県が要請した飲食店の時短営業や県民の外出自粛等の影響により、2021年5月又は6月の売上が対前年又は対前々年同月比で30%以上減少していること

 (2)大分県内に本店・本社又は主たる事業所を有する法人(※条件有)、個人事業者であること

 (3)2021年4月30日以前から事業を行っており、支援金を受給した後も、事業を継続する意思があること

  ※ただし、条件によっては対象外となる場合がありますので、県ホームページでご確認ください。

【給付額】

 計算式:(2019年又は2020年の5月と6月の合計売上)-(2021年の対象月(5月又は6月)の売上×2)

 上限 :法人30万円、個人事業者15万円 

     ※国の月次支援金を5月分か6月分のいずれか1月分のみ受給している場合の給付額(及び上限額)は」1/2

【申請方法】

 県庁ホームページからのオンライン申請又は郵送での申請 ※必要書類は裏面参照

【申請期間】

 令和3年7月9日(金)~令和3年9月30日(木)

 ※申請受付から2~3週間程度での支払いを予定しています。

 

   ★県庁ホームページ(オンライン申請)はこちらから★

 

また、大分県では、新型コロナウイルスの流行に伴い、中小企業・小規模事業者からの経営・金融相談に対応するため、特別相談窓口を開設しています。
売上高の減少等の影響を受けることが懸念されることから、新型コロナウイルス感染症に起因して、最近1ヵ月間の売上高が前年同期比3%以上減少し、かつ、その後2ヵ月間を含む3ヵ月間の売上高等が前年同月比で3%以上減少することが見込まれる県内中小企業者・小規模事業者に対する金融支援策が追加されました。(新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金)

詳細は、下記リンクよりご覧ください。


新型コロナウイルスの流行に伴う経営・金融相談窓口の開設について(大分県)

新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金について(大分県)


各種支援については、下記リンク先に取りまとめられていますのでご覧ください。

おおいた中小企業支援ポータル

九重町の支援内容

 

★★★こちらをクリック(別ページへ移動します。)★★★

 

その他の支援内容

新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業者への資金繰り支援措置として、大分県全域(全都道府県)がセーフティネット保証4号に指定されました。
また、重大な影響が生じている宿泊業や飲食業などほとんどの業種がセーフティネット保証5号に追加指定されています。
詳細は、下記リンクよりご覧ください。

セーフティネット保証4号(中手企業庁)

セーフティネット保証5号(中小企業庁)

※令和2年1月29日から7月31日までの間に取得した認定書については、有効期限を同年8月31日までと読み替えて適用します。

 

お問い合わせ

商工観光・自然環境課
電話:0973-76-3150
FAX:0973-76-2247

ページトップへ