本文へ移動

文字の大きさ:
背景色:

軽自動車税(環境性能割)について

公開日 2020年6月17日


軽自動車税(環境性能割)の導入について

令和元年10月1日から、自動車取得税(県税)が廃止され、新たに「軽自動車税(環境性能割)」が導入されました。

また、この改正に伴い、これまでの「軽自動車税」は「軽自動車税(種別割)」へ名称が変わりました。

軽自動車税(環境性能割)とは

軽自動車税(環境性能割)は、新車・中古車を問わず、50万円を超える価格で軽自動車(二輪を除く)を取得した場合に課税されます。

税率については、軽自動車の燃費性能等に応じて(取得価格の0%から2%)決定します。

なお、納税の便宜のため、当分の間、賦課徴収は大分県が行います。

軽自動車税(環境性能割)の税率について

軽自動車税(環境性能割)の税率は以下のとおりです。

なお、消費税引き上げに伴う対応として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に取得した自家用乗用の軽自動車については、表の税率から1%軽減されます。

環境性能割の税率

 燃費性能等

 税率(%)

 自家用

 営業用

 電気自動車等

 

 非課税

 

 非課税

 

 

 

ガソリン車

 ハイブリッド車

令和2年度燃費基準

+10%以上達成

令和2年度燃費基準達成

 1.0%

 0.5%

平成27年度燃費基準

+10%以上達成

 

2.0%

 1.0%

上記以外の軽自動車

 2.0%

 

※電気自動車等は、電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制適合または平成21年排出ガス規制からNOx10%低減車)である。
※電気自動車等を除くガソリン車、ハイブリッド車については、いずれも平成30年排出ガス基準50%低減達成車又は平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車(★★★★)に限る。

軽自動車税(環境性能割)との臨時的軽減による税率

令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の軽自動車を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。    

対象車

通常の税率

臨時的軽減後の税率

(令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間)

電気自動車等

 

非課税

 

非課税

 令和2年度燃費基準

+10%以上達成

令和2年度燃費基準達成

1.0%

非課税

上記以外

2.0%

1.0%

お問い合わせ

税務課
電話:0973-76-3803
FAX:0973-76-3840

ページトップへ